チェジュ島のみかん狩り体験情報!みかんを日本にお持ち帰り方法は?

グルメ
うんしる
안녕하세요(アンニョンハセヨ〜)♡チェジュ島出身のブロガーうんしるです!@eunsilkim7

 

旅行に行くとその地域の名所を観光する事も楽しいですが、

やっぱりその地域ならではの特産物グルメを堪能するのも旅行の楽しみの一つですよね?

チェジュ島(済州島)には7の特産物があり、その名物とは

みかん、ゼンマイ、スズメダイ、太刀魚(タチウオ)、甘鯛(アマダイ)、馬肉、豚肉です。

今回は、7の特産物中でも一番人気な「みかん」をご紹介しますね!

チェジュ島(済州島)の特産物中でも一番人気のみかん

チェジュ島(済州島)の特産物と言えばみかん!

みかんにはビタミンCがたっぷりなので美肌に効果があり美容食品としても人気ですが、みかんの効果は美肌だけじゃなく風邪予防、疲労回復、ガン予防、ダイエット効果もあります。

そんな美肌と健康に良いみかんですが、済州島は韓国みかん栽培面積の99.5%を占める主産地です。

みかんは温暖な気候でしか育てることができないとの理由で栽培面積のほとんどが済州に属しているんですね。

 

市販で販売されてるみかんは大きく分けて、

秋に収穫する「温州みかん」と冬に収穫する「満州みかん」と区分されます。

普段よく目にする一般的なみかんが温州みかんですが、済州島で一番多く栽培するのが温州みかんです。

温州みかんの収穫時期は10月〜12月ですので、この時期が一番美味しい♡

 

満州みかんには、デコポン、チョンヒェヒャン、レットヒャンなどがあり、これらのみかんは収穫時期が遅いのが特徴です。

満州みかんの中でも一番知られているのがハルラボン(デコポン)です。
外皮は厚いのでちょっと剥きづらいが、ハルラボンは甘さが強くみかんの身の皮が柔らかく美味しい〜収穫時期は1~3月です。

他にも表面が柔らかく果実が豊富だが糖度は低いチョンヘヒャン(収穫時期は1~2月)や
身の中に種が入って皮をむくのが難しいファングムヒャン、

藤度が一番高く果実がたっぷりで、剥きやすいやわらかい皮が人気が高いレットヒャン(収穫時期は12~2月)などがあります。

子連れ家族にも嬉しいチェジュ島みかん狩り体験!

チェジュ島の特産物のみかんを自分の手で直接収穫し、その場で剥いて食べるみかん狩り体験は老若男女みんなが楽しめる体験です。

チェジュ島にはみかん狩り体験ができるみかん畑農場が多くありますが、いくつがおすすめみかん狩り畑の情報をご紹介します。

 

みかん狩りにおすすめチェジュ島みかん畑①日出ランド

日出ランドミチョン洞窟や美しい庭園が有名な観光スポットです。

7万米の広い敷地に済州伝統の民俗村や散歩路、サボテン温室など様々なテーマで分かれてるので子供連れやご家族で楽しめるスポットです。
この日出ランド中にみかん狩り体験ができるスポットがあります。
みかん狩りは冬限定体験となります。

・入場料+みかん狩りセット料金:大人14000ウォン(約1400円)/子供10000ウォン(約1000円)
・期間:冬11月~12月末(みかん狩り体験時期は毎年少し違う場合があるので行く時期に合わせて事前に確認してください)
・時間制限なし・住所:西帰浦市城山中山間東路4150-30(서귀포시성산읍중산간동로 4150-30)
・電話番号:064-784-2082
・公式ホームページ:www.ilchulland.com

 

みかん狩りにおすすめチェジュ島みかん畑②済州農園


世界遺産の城山日出峰から車で10分距離にあるみかん狩り体験「チェジュ農園」は、チェジュ島みかん狩りと検索したら一番紹介されるみかん狩り畑です。

美味しいみかん狩りと共にみかん畑のあちらこちらに可愛いフォトゾーンがあるインスタ映えスポットでもあるので、素敵な写真もゲットできます。

また済州農園ではみかんを材料にしたチョコやお菓子、ハルラボンマッコリなどの様々なお土産品を買えます。

体験日は3000ウォンで1キロまでお持ち帰りでき、時間制限なしみかん狩りの最中はみかん食べ放題!

・期間:冬11月~12月末(みかん狩り体験時期は毎年少し違う場合があるので行く時期に合わせて事前に確認してください)
・みかん狩り体験:1キロ3000ウォン(約300円)・時間制限なし・住所:西帰浦市城山スサンリ1675(서귀포시성산읍수산리1675)
・電話番号:064-784-2924
・体験時間:9am-18pm(来店時に事前に連絡必要)
・公式ホームページ:www.jjfarm.kr

 

みかん狩りにおすすめチェジュ島みかん畑③ヒュエリ

ハルラ山近くに位置しているヒュエリは、自然体験公園として季節ごとに咲く旬の花や黒豚ショーなどのイベントがありいつ行っても見どころがあるスポットです。

体験としては、2月に梅祭り、11月から1月末までみかん狩り、12月に焼き芋体験がなどあります。

みかん狩りと共に乗馬体験や花の庭園なども観覧してできるので、特に子連れにはおすすめのスポットですよ。

・みかん狩りは8月~9月までの間は子供のみ対象
・9~11月中旬までは極早生品種の体験
・11~2月までは早生みかん品種の体験・利用料金8月〜2月/時間の制約なし。無制限の試食可能、
・5,000ウォン+1kgお持ち帰り(24ヶ月未満は無料、柑橘相場により変動あり)・住所:西帰浦市シンリェ東路256(서귀포시신례동로 256)
・電話番号:064-732-2114
・公式ホームページ:hueree.com

日本にお土産でみかんを持ち帰りたい!空港での検疫手続き方法

うんしる
直接チェジュ島国際空港に電話して詳しく聞いてみました!
チェジュ島のみかんを日本にお土産で持ち帰りたい!
だけと、生物の持ち帰りの手続きってどうなの?という疑問が出てきますよね。

実は今までは検疫に関しては規制があまり厳しいなかったですが、

2018年10月から検疫証明書がないと持ち込みが不可になりましたので、植物などの生物を持ち帰る場合は検疫が必要となります。

チェジュ空港での検疫手続きは、

手続き順番①
チェックイン前に済州空港2階の検疫室で検疫(約20分所要)

手続き順番②
検疫証明書をもらってチェックイン手続きにいく

だけです。簡単ですよね?笑

検疫の際スムーズに手続きができるようなtipを教えますね!

まず検疫室で検疫の祭、検疫証に住所を書きますが漢字ではなく英語表記になるので、事前に英語表記の住所を用意するようにしてください。

また、みかんの入れ物はビニール袋、ボックス、キャリーバッグなど基本なんでも大丈夫ですが、みかんが潰れないように丈夫な入れ物が安心です。

検疫検査には特に費用がかからず無料。

検疫の際は約20分前後の時間が必要になりますので、必ずチェックイン時間を考え余裕も持って行って下さい

・お問い合わせ:済州農林畜産検疫本部 済州空港事務所:064-746-2460

チェジュ島(済州島)で体験できるアクティビティ記事

チェジュ島(済州島)のアクティビティ6選!体験談も紹介します

チェジュ島(済州島)の実弾射撃!日本では体験できないアクティビティ

チェジュ島(済州島)のダイビングシーズン&ショップ情報