チェジュ島(済州島)の治安が悪化している問題【2019年最新】

現地情報
うんしる
안녕하세요(アンニョンハセヨ〜)♡チェジュ島出身のブロガーうんしるです!@eunsilkim7

 

今回はチェジュ島の治安について解説していきます。

韓国屈指の観光地チェジュ島(済州島)は、一年を通して多くの観光客が訪れております。 最近は団体旅行より、日程の組みやすさと、自由な移動などを求めて一人旅をする人が増えてますね。

海外で楽しい旅をするためには、最低限の注意が必要です。

この記事では、

「チェジュ島って治安はどうなの?」
「チェジュ島旅行で注意することは?」

そんな疑問に答えします。

 

ちなみに海外トラブルが不安な方は海外旅行保険に加入して少しでも気持ちを和らげましょう。

チェジュ島(済州島)の治安は良い?悪い?

韓国のリゾート地であるチェジュ島は「三多三無」というチェジュ島を代弁する言葉があり、三多は「石・風・女」が多い、三無は「乞食・犯罪・門」が無いという意味です。それぐらい安全な島という事を意味しますが、チェジュ島の治安はここ数年の間観光客が増えたことによる犯罪なども度々起こっています。

 

最近の大きな事件だと2018年2月の「ゲストハウスの殺人事件」です。

韓国済州島のゲストハウスで女性観光客を狙った性犯罪がまた発生=韓国ネット「平和な島だったのに」「性犯罪の温床と化している」

 

ゲストハウスの経営者が一人旅で宿泊した女性を殺害した事件が話題になりました。殺人などの事件がほとんど起きなかったチェジュ島では大きなニュースになり、治安が安全なチェジュ島のイメージが崩れ始めましたね。

 

しかしチェジュ島はソウルとは違って道路も狭くなく、電車もないので、人が混雑する場所がない分、スリとか置き引きの事件は基本的にないです。

ですが観光客、特に中国人や日本人に対してのぼったくりはたまにあります。商品を買う時など金額をしっかり確認しましょう。一人旅の場合は、夜に不必要に出歩かなければ事件に巻き込まれることはないかと思います。

 

チェジュ島のみならず、慣れない海外旅行の際には治安には注意が必要ですが、基本的な安全ルールを守れば楽しい旅の思い出を作ることができます。

チェジュ島治安の注意ポイント

チェジュ島の旅行時で注意して欲しいポイントを以下にまとめました。

1.人が少ないところはできれば避けて、二人以上同行

人が少ないところで非常事態が起こった場合、対応策が少ないので必ず二人以上で行動しましょう。特に夜間は人がいないところは一人では行かないで下さい。また、イヤホンなどで外部からの音が遮断されると、周りの状況に気づかない事があります。

2.旅行地は先に調べておく

良く知られてないビーチや山などに行く場合は、必ず危険要素がないかなどを事前に調べておきましょう。

3.キャンプをする時は指定された場所で

指定されたキャンプ場以外(あまり人がいない海など)では、キャンプは控えましょう。チェジュ島でキャンプが許可されてるところは48箇所ありますので、する予定の人は事前に指定場所を確認しておいてくださいね。

4.飲み過ぎに注意

旅行にお酒は欠かせないですね。旅の友であるお酒の飲み過ぎはいつも事件の元になります。
知らない人との飲みは避けて、安全な場所でお酒を楽しみましょう。

5.自分の居場所を家族や友達に知らせる

家族や友達としっかり連絡を取り合いましょう。旅行の際に写真などをSNSにアップするのもおすすめ。注意して旅をしていても何があるかわからないので、万が一の状況でアップした写真などが重要な役割になる場合があります。

6.緊急時に備える

緊急時に備えて護身用品(笛、護身用品スプレー)を持っていると安心です。また、済州観光情報センター(064-740-6000)を携帯に登録しておくと良いでしょう。

(済州観光情報センターでは韓国語を含め、英語、日本語、中国語の対応可能)応急処置などが必要な緊急時に治体警察、119センターなどに関係する現場出動サービスが受けられます。

 

トラブル・緊急時の問い合わせ
観光関連問い合わせ&通訳サービス:064-740-6000(英語,日本語,中国語)
・緊急通報用電話番号:112
・救急、火災、病院情報:119
・済州総合民願(苦情):064-120

 

チェジュ島の治安は良いけど油断大敵!

チェジュ島は近年になり事件が発生していますが、基本的に治安は良いです。ただしチェジュ島の旅を素敵な思い出にする為には、上記の注意点を忘れず!

 

ちょっと不安だなと感じる方は、海外旅行保険の加入だけは行っておきましょう。

 

海外旅行傷害保険が自動付帯されるエポスカードは年会費永年無料なので、まだ持っていない方は作っておいて損はありません。

 

保証内容
  • 海外で怪我や食中毒を起こして入院等の治療を受ける際、最大270万まで保険金を支払ってくれる。
  • 観光中にデジカメを謝って落とした場合、損害額に対して3000円を負担してくれる。

チェジュ島で上記のようになってしまってもエポスカードを所持していれば安心ですね。また、エアトリで航空券・ホテルを予約する方は、エアトリが提供する海外旅行損害保険へ加入する方法もあります。

 

海外旅行保険の加入方法は色々あるので調べてみてくださいね。